ブログ

新たな多焦点眼内レンズClareon Vivity(クラレオンビビティ)が使用可能になりました

Alcon社から販売された新しい白内障手術用の多焦点眼内レンズClareon Vivity(クラレオンビビティ)が使用可能となりました。

このレンズは焦点深度拡張型と呼ばれるタイプのものですが、独自の波面制御技術により、これまで多焦点眼内レンズの弱点とされていたハロー・グレア現象(光が滲んで見えたり眩しく感じたりすること)がほとんどないとされています。

焦点距離は遠方から中間をほぼカバーし、近方は概ね良好と言えるでしょう。

選定療養の枠組みのため、通常の健康保険の白内障手術代の他に、当院では片眼で¥280,000(税込)が追加で必要となります。

多焦点眼内レンズをご検討の際は選択肢の1つとなるのではないでしょうか。

TOPへ